オアフ島にあるカピオラニ公園

CIMG4420

ハワイのオアフ島にあるカピオラニ公園は1876年に開園されたハワイの中で一番古い公園だそうです。

ハワイと言えばアメリカ合衆国というイメージでしかありませんでしたが、昔はハワイ王国として存在し、

1874年に国王となったカラカウニ王が王妃の名前を名付け、カピオラニ公園を開園したそうです。

公園には沢山の大きな木が目につきます。たくさんの葉っぱを付け、木の枝を広く大きく張り出した形の良い木々が点在していて、大きな木の下には大きな木陰ができていました。

 

木の下にはベンチもあり、休憩するにはうってつけの場所ですが、木陰は南国というわりには涼しくて、時間によっては羽織るものが欲しいくらいなのです。
 

園内には木々が植わっているだけでなく、散策できるような場所もありました。ホノルル動物園も併設され、

テニスコートやサッカー場などのスポーツ施設もあります。そして、ワイキキ・シェルと呼ばれる音楽堂もあり、色々な形で楽しめる場所となっています。
 

場所的にはワイキキとダイヤモンドヘッドの間に位置し、ワイキキビーチからも徒歩で行かれる距離になっていますので、旅行者の人が園内をジョギングしている姿も見られました。

公園から見るダイヤモンドヘッドもとても素敵なので是非一度訪れてみてほしい場所です。 
 


思い出に残るハワイはコチラ >>


ハワイガイドなら >>